一番身近なギャンブル、パチスロ

パチスロとギャンブル依存症について。ギャンブル依存症は人の心を奪っていく大変危険な病気です。

一番身近なギャンブル、パチスロ

パチスロでのギャンブル依存症について

パチスロの危険性についての記事です。
実は私も数年前までは、パチスロをほぼ毎日やっていました。
なぜ毎日行き続けたかと言うと、一日に何十万円と利益を得ることがあるからです。
その快感を求めて毎日ひたすらパチスロを打っていました。
最初は大勝をしていた時期もありました。

ですが、気づいたら財布の中にお金が入っていなくなるまでのめり込んでいたのです。
大当たりの快感を求めて、友人にお金を借りたりしました。
もちろんその借りたお金でパチスロを打ちに行きました。
友人にはパチスロに行くから貸してとは言わずに、生活が危ないなど嘘を言い借りました。
するとその友達も可笑しいと気づき、連絡が途絶えました。
ここからギャンブル依存症になった事により、銀行から借りたり、闇金にまで手を出し始めました。

借金までしてパチスロを打ちに行くのです。
その時、気が付けば借金は200万にまで膨れ上がっていました。
当時はパチスロで勝って返済すれば良いやと思いどんどんお金を借りました。
借金あ300万を超えた辺りから、こんな大金返せないと気づき始め精神科に通い始めました。
もちろん診断結果はギャンブル依存症でした。
今もこの借金の返済を必死に返している状況です。
今思えば最初からパチスロなんかしなければと何度も何度も思います。
パチスロをしていなければ、もっとまともな人生を歩めたと思います。


パチスロは人の心を奪っていきます。
皆様も程々にご遊戯してください。

おすすめ記事

Copyright (C)2017一番身近なギャンブル、パチスロ.All rights reserved.