一番身近なギャンブル、パチスロ

私自身はギャンブルもパチスロもしないのですが、友人や周りにはギャンブルを楽しんでいる人が結構います。

一番身近なギャンブル、パチスロ

ギャンブルのパチスロ

私は今年の2月に関東地方から生まれ育った福井県に帰ってきた25歳ですが、産まれてこのかた、ギャンブルやパチスロにハマってしまい、抜け出せなくなったということはありません。パチスロに初めて行ったのは、高校生の時に友達と一緒に行った時でした。

私の育った場所は周りに山と川しかない田舎です。
食料品を買いに行こうにも近い場所で車を走らせて15分、しかし村で唯一のそのスーパーマーケットでは種類も量的にも品揃えが良くありませんので、隣町の大きなスーパーマーケットまで週に一度ほど買い出しに行かなければなりません。隣町には海があり、山はあるのですが、高校生が遊ぼうと思うとカラオケかボーリングかというぐらいのものでした。
今はその唯一あったボーリング場も、私が関東に行っている間に経営の悪化のためか、取り壊されてしまいました。
今の高校生は、ほんとに何をして遊んでいるのだろう、と心配になったりもするのですが。まぁ、高校生の本分は学業に励むことであり、部活動に勤しむことであるので、私が心配するところではないのかもしれませんが。とにかくそのような場所で高校生活を送っていた時に私はパチスロというものを初めてしました。
それが人生最初のギャンブルだったように思います。
当時私はバスケ部に所属していたので、部活がない時にしかパチスロにも行けませんでした。
今になって思うのは、その時にギャンブルにハマらなくて良かったなぁ、ということです。
タバコの煙もパチスロ屋特有の喧噪も苦手な私にとっては、パチスロというギャンブルはこれからも縁遠いものであり続けることと思います。

Copyright (C)2017一番身近なギャンブル、パチスロ.All rights reserved.